都内の保育所2か所でクラスター、職員や園児ら相次ぎ感染で休園に 2021-01-06


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「発表」)

 東京都葛飾区は5日、区内の二つの私立保育所で新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生したと発表した。
いずれも無症状か軽症という。
 区によると、このうちの一つの保育所では12月21日に20歳代の女性職員の陽性が確認された後、他の職員も相次いで陽性となった。
園児らにPCR検査を実施したところ、1月2日までに職員と園児の計15人に感染が判明。
1月11日まで休園する。
 もう一つの保育所では12月28日までに職員ら6人の陽性が確認されたことから、PCR検査を実施。
31日までに新たに園児ら6人の感染が判明した。
この保育所は1月8日までの休園を決めている。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210106-567-OYT1T50112.htmlより引用)

関連記事