明豊四回勝ち越し、東海大相模五回同点 エース石田はブルペンで準備 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210401075.htmlより引用)
 「選抜高校野球・決勝、明豊−東海大相模」(1日、甲子園球場) 貴重な勝ち越し点はセンバツ初優勝を狙う明豊(大分)に入った。
1−1の同点で迎えた四回。
ヒットと2つの四球で満塁とするとここで東海大相模は先発の背番号「18」石川永稀投手(3年)から背番号「10」の求航太郎投手(2年)にスイッチしたが2番・阿南心雄外野手(3年)の浅い左飛ながら三塁走者の簑原英明捕手(3年)が果敢にスタートを切り、生還した。
 だが、東海大相模は五回に小平直道、求航太郎の2本の二塁打で同点とした。
 東海大相模のエースで2試合連続完封している石田隼都投手(3年)はこの日はベンチスタート。
4回裏にブルペンで軽めの投球練習を始め、後半に備えている。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210401075.htmlより引用)

関連記事