レンジャーズ有原 被弾悔やむ「ああいうミスをシーズンではしないように」 開幕へ「準備できた」 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 (「キャッ」「自責」「良かった」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/npb/sponichi-spngoo-20210329-0140.htmlより引用)
 レンジャーズの有原航平投手(28)は28日(日本時間29日)、アリゾナ州サプライズで行われたカブスとのオープン戦に先発登板し、5回を投げて5安打3失点(自責点3)無四球6三振1本塁打だった。
 序盤は変化球が低め、速球が高めに決まり、2回、マリズニクに詰まり気味の右前打を許したものの、直後の打者を2塁ゴロ併殺打に斬って取ったために3回まで9人の打者に対しただけとほぼ完璧だった。
ただ、4回に先頭のハップに左翼線二塁打を打たれると、一死後に3番のピダーソンには直球を右翼席に運ばれて2失点。
5回にはダフィに中越フェンス直撃の三塁打を許すと、続くウィズダムの飛球を左翼手が見失ったため二塁打となり、さらに1失点を奪われた。
有原は5回を投げ切り、チームは8−3とリードしたため勝ち投手の権利を持って降板した。
75球中49球がストライクで無四球と制球が良かったのは好材料。
オープン戦4試合での防御率は3.86となった。
 登板後の一問一答は以下の通り。
 ――ピダーソンに打たれた本塁打は2シームか4シームか。
 「4シームです」 ――その本塁打以外は良い登板に見えたが。
 「立ち上がりも良くて、内容も良かったと思うんですけど、やっぱりあのホームランを浴びた場面で制球が甘くなってしまったので、ああいうミスをシーズンではなるべくしないようにしたいなと思います」 ――4回途中、マシス・ブルペンコーチがマウンドに来た際には何を言われたのか。
 「まあこの調子でいこうというふうに言われました」 ――キャンプ終盤だが、日本と比べてどうだったか。
 「休みがあまりなく、ずっと練習と試合だったので、ちょっと最初は慣れない部分はありましたけど、後半は慣れてきたので、いいキャンプが送れたかなと思います」 ――この時期、日本ではどのくらいの球数を投げるものだったのか。
 「だいたい同じくらいかな。
80球から90球、投げても100球くらいかなと思います」 ――たくさん三振を取る投手ではないという話をしていたが、今日は5回で6三振を取れた理由は。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/npb/sponichi-spngoo-20210329-0140.htmlより引用)

関連記事