マイナンバー8800億円投入=菅首相、費用対効果「悪過ぎる」 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「実現」)

 菅義偉首相は31日の衆院内閣委員会で、マイナンバー制度に関する国費支出の累計が関係法成立後の過去9年で約8800億円に上ると明らかにした。
立憲民主党の後藤祐一氏が「コストパフォーマンスが悪過ぎるのではないか」と指摘したのに対し、「確かに悪過ぎる」と認め、マイナンバーカード普及や利便性向上などの改善に全力を挙げる考えを示した。
 同カードの普及率は2割台と低迷し、国民が利便性を実感できていないとの指摘もある。
首相は「スマートフォンへのカード機能の搭載は2022年度中、運転免許証とカードの一体化は24年度末に実現する。
こうした工程に基づいて国、地方のデジタル化を着実に進めていきたい」と強調した。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-210331X134.htmlより引用)

関連記事