全豪OPチャーター機でコロナ陽性者2人、錦織らが搭乗 2021-01-16


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」)

(https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/sports/afpbb-3326651.htmlより引用)
【AFP=時事】全豪オープンテニスの関係者は16日、選手とサポートスタッフを乗せて豪メルボルンに到着したチャーター機で、新型コロナウイルスの陽性者が2人確認されたことを明らかにした。
1人は乗員で、もう1人は選手ではない大会参加者だという。
 このフライトの乗客66人は、全員が各ホテルで14日間の完全な隔離期間に入ることが義務付けられる。
そのため搭乗していた選手は、今季の四大大会(グランドスラム)初戦に向けて1日5時間まで許されていた練習とトレーニングが不可能となる。
 地元メディアによると、米ロサンゼルス発のこの飛行機には元全豪女王のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)をはじめ、米国のスローン・スティーブンズや錦織圭が乗っていたという。
 例年の時期から遅れて来月8日にメルボルンパークで開幕する全豪オープンに向けて、世界のトップ選手は14日からオーストラリアに到着し始めている。
 その大半がメルボルンから入国することになっているが、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)やラファエル・ナダル(スペイン)、そしてセレーナ・ウィリアムス(米国)らビッグネームは、最初にアデレードに到着した。
 選手は全員が14日間の隔離期間を過ごさなければならないが、衛生状態が厳しく保たれている環境下の「バブル」で、1日5時間までのトレーニングが認められている。
(https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/sports/afpbb-3326651.htmlより引用)

関連記事