予算案の組み替えを 立民・枝野氏コロナ感染拡大と緊急事態宣言で 2021-01-10


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「支援」「決定」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt2101100006.htmlより引用)
 立憲民主党の枝野幸男代表は10日のNHK番組で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、政府に令和2年度第3次補正予算案と3年度予算案を組み替えるよう求めた。
 両案は政府が18日召集の通常国会に提出を予定し、与党は月内に3次補正を成立させる青写真を描いている。
 枝野氏は、3次補正が観光支援事業「Go To トラベル」関連で1兆円以上を計上していることを問題視し、「この(首都圏一都3県での)緊急事態宣言下、国会を開いて何をやるかといったらトラベル事業の補正予算か。
めちゃくちゃなことになっている」と政府を批判した。
 3年度予算案をめぐっても「緊急事態宣言に陥ることを想定しないで作った。
感染拡大防止などの予算が決定的に欠けている」と指摘し、両案について「組み替えをしていく必要がある」と強調した。
(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt2101100006.htmlより引用)

関連記事