ゲーム機などを盗んで転売…24歳と25歳、2人の男を逮捕 2021-01-05


図 この記事のタイプ傾向 (「発見」「容疑者」「疑い」「容疑」)

(https://news.goo.ne.jp/article/hbc/region/hbc-4a4a3e877cc6d2a12abe7e98622cbb67.htmlより引用)
 おととし9月、札幌市豊平区の27歳の男性の家に侵入し、ゲーム機などを盗んだ疑いで、24歳と25歳の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、札幌市豊平区の無職、畠中優次容疑者24歳と、札幌市豊平区の自称パート従業員、中本光希容疑者25歳です。
警察によりますと、2人は、おととし9月25日から30日までの間に、札幌市豊平区の27歳の男性が住むアパートの一室に侵入し、ゲーム機など3点を盗んだ疑いがもたれています。
警察によりますと、盗まれた3点は、プレイステーション4が1つ、コントローラーの充電器が1つ、DVD1枚です。
男性から被害届を受けた警察官が周辺の買い取り業者などを捜査したところ、男性の家から無くなっていたゲーム機など3点を発見。
売りに来た人物を特定する中で、畠中容疑者と中本容疑者の逮捕に至りました。
畠中容疑者と中本容疑者は、被害男性と面識はありませんでした。
取り調べに対し畠中容疑者は「中本と一緒に盗んだ」と話し、容疑を認めている一方、中本容疑者は「畠中が泥棒をしたのは知っているが、自分は(部屋の)外にいた」と容疑を否認しているということです。
(https://news.goo.ne.jp/article/hbc/region/hbc-4a4a3e877cc6d2a12abe7e98622cbb67.htmlより引用)

関連記事