議員会食ルール化、相次ぐ批判の声 自民党内に慎重論も 2021-01-06


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASP1671W6P16UTFK013.htmlより引用)
 自民党と立憲民主党の国会対策委員長が合意した緊急事態宣言下での国会議員の会食ルールづくりについて、6日の衆院議院運営委員会の与野党理事の協議では結論が出せなかった。
自民党の森山裕国対委員長が「夜8時まで」「参加人数4人以下」とするルール案に言及していたが、日本医師会が「全面自粛を」と求めるなど批判が出たためだ。
7日にも改めて協議する見通しだ。
 インターネット上でも「国民にお願いするならまず議員が会食を控えて」「この危機に会食はおかしい」などと疑問の声が相次いだ。
自民党内からも「議員の自主判断に任せるべきだ。
4人以下なら会食がいいわけではない」(閣僚経験者)といったルールづくりへの慎重論が出始めている。
(https://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASP1671W6P16UTFK013.htmlより引用)

関連記事