知床観光船沈没事故 ロシア回収の乗客リュック返還されず 2022-05-13


図 この記事のタイプ傾向 (「死亡」「事故」「発見」)

北海道・知床半島沖で起きた観光船沈没事故の捜索で、北方領土周辺の海域で見つかった乗客のリュックサックがサハリンに運ばれたことが新たにわかりました。
先月23日に起きたこの事故では14人が死亡していて、依然、12人が行方不明です。
捜索は北方領土の国後島周辺の海域にも広げられていますが、きのうも発見には至っていません。
こうしたなか、ロシア国境警備局が先月29日、日本側に「国後島の西側の海域で回収した」と連絡してきた乗客のリュックサックがサハリンに運ばれたことがわかりました。
リュックの中には銀行カードが入っていて、死亡が確認された乗客のものでした。
日本側はサハリン州政府に返還を申し入れましたが、返答はないということです。
(https://news.goo.ne.jp/article/tbs/nation/tbs-6017846.htmlより引用)

関連記事