“女ウッズ”こと笹生優花が6アンダーで暫定2位浮上 「(決勝Rも)楽しく自分らしく頑張りたい」 2020-09-11


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/hochi-20200911-OHT1T50064.htmlより引用)
◆女子プロゴルフツアー メジャー第1戦・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 第2日(11日、岡山・JFE瀬戸内海GC=6640ヤード、パー72) “女ウッズ”の異名を持つ笹生優花(19)=ICTSI=は5位から出て4バーディー、2ボギーの70で回り通算6アンダー。
ホールアウト時点で首位と2打差の2位につける。
トップは67をマークしたペ・ヒギョン(韓国)が8アンダー。
ホールアウトした中では69の竹内美雪(24)=タイカ=、イ・ナリ(韓国)が4アンダー8位と上位につけている。
 笹生は前半の14番パー3でエッジから決めてバーディーとし、18番パー5では3パットを喫し、2日連続のボギー。
後半の4番から6番までチャンスを決めて3連続バーディーを奪い、最終9番は3メートルのパーパットを外しボギーとなった。
 リモート会見では「今日はまあまあでした。
前半は我慢のゴルフで、毎回伸びるのがゴルフじゃない。
イーブンで前半を終えたのは良いこと。
(途中雨が降ったが)そんな大きな影響はなかった。
(明日に向けて)とくに変えるところはない。
昨日、今日と同じように。
楽しく、自分らしく頑張りたい」と話した。
 大物ルーキーの笹生は8月にNEC軽井沢72とニトリレディスを2連勝して先週のゴルフ5レディスは29位で初メジャーを迎えた。
昨年11月の最終プロテスト合格(18位)の地で、14年鈴木愛の20歳128日を更新する大会最年少優勝に向かう。
(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/hochi-20200911-OHT1T50064.htmlより引用)

関連記事