ブラジル人も呆れるネイマールの幼稚さ…コロナ禍に“500人で年越しマラソンパーティ” 【29歳目前なのに】 2021-01-06


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「死亡」「恐れ」「激怒」「素晴らしい」「笑い」「発表」「期待」)

(https://news.goo.ne.jp/article/numberweb/sports/numberweb-846556.htmlより引用)
「一体、彼はいかなる世界に生息しているのだろう……。
もうすぐ29歳になるというのに、頭の中はまだ幼い男の子のまま」(ブラジルで最も評価が高いフットボール・ジャーナリストのPVCことパウロ・ビニシウス・コエーリョ)「正常な社会状況であれば、彼がどんなパーティを催し、どれだけ散財しようが、完全に彼の自由だ。
しかし、ブラジルがこのような状況にある現在、良識ある社会人がやることではない」(国民的人気スポーツ・アナウンサーのガルボン・ブエノ) 12月26日から1月2日朝までの足かけ8日間、ブラジル代表のエース、ネイマール(パリ・サンジェルマン)がリオ郊外で一説には500人とされる、年末年始の“長時間・巨大マラソンパーティ”を敢行した。
 会場は緑豊かな木々が生い茂り、プールから人工の湖まであり、宿泊用のコテージも散在する広大な敷地で、家族、友人に加えて親しいスポーツ選手や芸能人らを招待。
連日連夜、大音響で生バンドが演奏する中で飲み、食い、踊り、おしゃべりに興じた。
7948万円も費やしたパーティの内実 この一大イベントにネイマールが費やした金額は、約400万レアル(約7948万円)とされる。
 ただし、パーティの設営を請け負った会社は「招待客の数は約150人」と発表。
ネイマールも、パーティを始める前の会場の様子を撮影した動画をSNSで配信し、「ほら、この通り、小さなテーブルでつつましい晩餐会をするだけなんだ。
椅子と椅子の間もたっぷり取ってある。
招待客が500人なんてことは全くない。
ハッハッハ……」と笑い飛ばした。
 ただし小さなテーブルは後に、会場のごく一部を撮影したものと判明。
椅子の間の距離も実際には数十センチだった。
 そして、招待客の実数は明言していない。
ブラジルはコロナ死亡者19万人超というのに ブラジルは、1月1日時点で新型コロナウイルスによる死亡者の数が19万5000人超とアメリカに次いで世界で2番目に多く、感染者数は770万人超でアメリカ、インドに次いで世界3番目。
1日の死亡者が1000人を超えることもある“新型コロナ超大国”だ。
 ブラジルのメディアと国民は、かくも深刻な状況でネイマールがこのようなパーティを行なったことを痛烈に批判した。
 ネイマールとて、世間一般からこのような反応がありうることは十分に予想していた。
 それゆえ、招待客がパーティの模様を動画や写真で配信しないよう、パーティ会場への携帯電話やカメラの持ち込みを固く禁じた。
このことも「新型コロナウイルス感染ではなく、世間からの批判を恐れた」と揶揄された。
地元住民は激怒、中止を訴えた パーティ会場近くの住民は、期間中の騒動と騒音、そして外部から新型コロナウイルスが持ち込まれかねないことに激怒し、地元の警察にパーティの中止を訴えた。
これを受けて30日、リオ州検察庁は「パーティの詳細と主催者側の新型コロナウイルス対策を調査し、問題があったと判断した場合は処罰を下す」と発表した。
 招待客の数が仮に500人ではなく150人程度だったとしても――日々、大勢の人が新型コロナウイルスで死亡し、病床にあり、あるいは失業や収入減に苦しんでいる状況でこのようなパーティを強行したことには首を傾げざるをえない。
昨季PSGでは素晴らしいプレーを見せた 2020年3月中旬に欧州でのシーズンが中断されると、ネイマールはすぐにブラジルへ帰国。
リオ郊外の別荘に籠り、個人トレーナーと共に約3カ月間、みっちりトレーニングを積んだ。
その甲斐あって、7月下旬のシーズン再開後は素晴らしいプレーを連発。
8月12日からリスボンで集中開催された欧州チャンピオンズリーグではパリSGの準優勝に大きく貢献した。
 しかし、12月17日にFIFAが発表した2020年の年間最優秀選手(ザ・ベスト=FIFA男子選手)投票では9位と予想外に低い順に留まった。
またベストイレブンにも選出されなかった。
 2010年に17歳でサントスからデビューすると、2011年、世界10位に選ばれた。
2012年は13位だったが、バルセロナへ移籍した2013年に5位と躍進し、2015年と2017年は3位。
「メッシとクリスティアーノ・ロナウドの次の世界トップはネイマールだろう」と多くの人が考えた。
 ところが、2018年と19年はトップ10にすら入れず、今年、久々にランクインしたもののサントス在籍中の2011年と順位がほぼ同じ。
選手としての序列をほとんど上げることができないまま、キャリアのピークを迎えるべき9年間を過ごしてしまった。
「未熟さが選手としての成長を妨げている」 冒頭にコメントを紹介したPVCは、「2020年、ネイマールは体調をきちんと管理し、近年になく良いシーズンを送った。
今回のパーティ騒動に象徴される彼の人間的な未熟さが選手としての成長を妨げており、それと同時に彼への評価にもネガティブな影響を与えているのではないか」と語っている。
 2月5日、ネイマールは29歳になる。
すでに大人の分別を備えているべき年齢だが、活躍を期待された2018年ワールドカップでファウル欲しさにシミュレーションを繰り返して世界中で嘲笑されたのは記憶に新しい。
 また2019年3月に右足を故障して欠場中でありながらリオのカーニバルを見物に出かけて観覧席で飛び跳ねて「プロ意識に欠ける」と呆れられ、この年の5月にはブラジル人女性を本国から呼び寄せてホテルで密会して後に婦女暴行で訴えられ(検察庁は証拠不十分として立件しなかった)、そして今回の件と、選手としても人間としても非常に幼い。
 一体、いつになったらこの男は大人になるのか、あるいは永久に少年のままなのか……。
 ブラジル代表で、ネイマールは2010年8月10日に18歳6カ月で初出場して以来、103試合に出場して64得点。
この得点数は現役選手では群を抜いて多く(2位はガブリエル・ジェズス=マンチェスター・シティ=の18点)、歴代でもペレの77得点に次ぐ。
ネイマール抜きでもセレソンは強い 2022年ワールドカップで20年ぶり6度目の優勝を狙うセレソンで、当面、ネイマールを上回るアタッカーはいない。
 その一方で、ネイマールを故障で欠いた2019年のコパ・アメリカ(南米選手権)ではチームとしてのまとまりが非常に良く、6試合で実に8選手が13得点を奪って12年ぶりに優勝。
エース不在のハンディを感じさせなかった。
 ブラジルのメディアと国民はネイマールの度重なる幼稚な言動に呆れており、これからもセレソンは彼をあてにすべきなのかどうなのか、というジレンマを感じている。
(https://news.goo.ne.jp/article/numberweb/sports/numberweb-846556.htmlより引用)

関連記事