“番長”初勝利遠く…DeNAが球団ワースト並ぶ開幕6連敗 新人監督としてはセ単独ワースト記録に 2021-04-03


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/npb/sponichi-spngoo-20210403-0204.htmlより引用)
 ◇セ・リーグ DeNA3―7広島(2021年4月3日 横浜) 12球団唯一未勝利のDeNAは3日、本拠で広島に3―7で敗れ球団ワーストに並ぶ開幕6連敗。
“ハマの番長”こと三浦大輔監督(47)はまたも初勝利ならず。
新人監督の開幕6連敗(2分け挟む)はセ単独ワースト、2リーグ制以降では02年石毛監督(オリックス)の最長記録に並んでしまった。
先発の京山は5回6安打6失点で2敗目を喫した。
 チームは2回、田中俊の左犠飛で1点を先制。
しかし京山が5回に2死満塁から坂倉に1号満塁弾を浴びるなど、3本の本塁打で6点を失い5回で降板。
 打線は6回、無死二、三塁からドラフト2位ルーキーの牧が左中間への2点適時二塁打で反撃。
広島先発の九里の投じた5球目、126キロのスライダーを上手く捉えチーム単独トップの9打点目を挙げた。
だがその後は追加点を奪えず。
09年以来5度目の開幕6連敗となってしまった。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/npb/sponichi-spngoo-20210403-0204.htmlより引用)

関連記事