大阪・池田市議会 ”サウナ市長”への不信任決議案「否決」に 「時期尚早」などの意見で 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/abcnews/region/abcnews-10140.htmlより引用)
市役所へのサウナなどの持ち込みが問題となった大阪府池田市の市長の辞職を求めて市議会では29日不信任決議案が提出されましたが「否決」されました。
冨田裕樹市長(44)をめぐっては去年10月、「健康管理のため」として市長の控え室に家庭用サウナなどの私物を持ち込んで使っていたことが発覚。
その後、職員へのパワハラ疑惑なども浮上しています。
29日、市議会の閉会間際に自民会派の議員が市長に対する不信任決議案を提出。
「市長の不適切な行為に弁明の余地はない」などとして市長の辞職を求めました。
可決には出席議員の4分の3以上の賛成が必要ですが、問題を調査している百条委員会の結論が来月12日にまとまることから、多くの議員が「それを待ってから」などとして反対を表明。
採決の結果賛成5人、反対14人で否決されました。
冨田市長は報道陣から今後の自身の進退について問われ「詳しくは記者会見で話す」と答えました。
(https://news.goo.ne.jp/article/abcnews/region/abcnews-10140.htmlより引用)

関連記事