運動靴や衣類 遺留品の鑑定は難航か 人骨発見の周辺捜索14日目が終了 山梨・道志村  2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「発見」)

(https://news.goo.ne.jp/article/uty/region/uty-40995.htmlより引用)
人の骨などが見つかった山梨県道志村の山の中では連日、捜索が行われていますが9日は手掛かりは見つからず、この5日間あらたな発見はありませんでした。
一方、これまでに見つかっている運動靴や衣類については長期間、山の中にあったことなどから鑑定は難航しているとみられています。
 14日目となる警察の捜索 9日 山梨・道志村道志村の山にあるかれた沢では4月、子どもとみられる頭の骨の一部や運動靴、それに靴下が見つかったほか、5月に入り肩甲骨とみられる骨のようなものや黒色のようなハイネックが見つかっています。
警察は9日も発見現場より上流を中心に捜索を行いましたが、9日までの5日間で新たな発見はありません。
一方、これまでに見つかった運動靴やハイネックは、およそ3年前に近くのキャンプ場で行方が分からなくなった千葉県成田市の小倉美咲さんのものと特徴が似ています。
 行方不明当日の小倉美咲さんと靴警察は頭の骨の一部のDNA型鑑定を行いましたが、個人を特定するだけのDNA型は検出されませんでした。
現在は別の鑑定で母親との血縁関係を調べています。
また運動靴や衣類については検体が採取されればDNA型鑑定を行うとしていますが捜査関係者によりますと長期間、山の中にあったことなどから鑑定は難航しているとみられています。
警察は肩甲骨とみられる骨のようなものについては近く司法解剖を行い、人の骨と断定されればDNA型鑑定を行って身元の特定を進めるとしています。
また警察は10日も40人態勢で現場周辺の捜索を行う予定です。
(https://news.goo.ne.jp/article/uty/region/uty-40995.htmlより引用)

関連記事