中日激震…石川昂弥が新型コロナ陽性 木下拓哉に続き…主力2人が同時離脱 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/chuspo/sports/chuspo-467130.htmlより引用)
 中日は9日、石川昂弥内野手(20)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたことを発表した。
この日は木下拓哉捕手(30)の感染と「感染拡大防止特例2022」による出場選手登録抹消も発表されており、開幕からスタメンを担ってきた2人が同時に離脱する緊急事態となった。
 石川昂は無症状で選手寮「昇竜館」で療養している。
プロ3年目の今季は全33試合でスタメン出場し、5本塁打、19打点はいずれもチーム最多。
8日の阪神戦(バンテリンドームナゴヤ)では5号を放った。
 また、木下は8日の1軍の監督、コーチ、選手、スタッフ、関係者(89名)の定期検査で判明。
無症状で現在は自主隔離しているという。
今季は1軍で全33試合に出場(スタメンは32試合)し、打率2割8分8厘、2本塁打、チーム3位の13打点。
8日の阪神戦(バンテリンドームナゴヤ)でもフルイニング出場していた。
(https://news.goo.ne.jp/article/chuspo/sports/chuspo-467130.htmlより引用)

関連記事