高校駅伝ケニア人留学生の年齢詐称疑惑が尽きない! その実情と打開策は? 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 (「厳しい」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/sports/nikkangendai-696780.htmlより引用)
 正月の「箱根」で今季の注目大会も終幕した駅伝だが、高校から大学、社会人までケニア人選手が大活躍した。
中でも、12月の全国高校駅伝でアベック優勝を遂げた世羅(広島)の2人(男子3区、女子最終5区)のケニア人留学生は、ともに区間優勝で勝利に貢献。
「長距離王国」の強さを改めて見せつけた。
 この大会の女子2区で区間Vだった興譲館(10位・岡山)のワングイ・エスターの年齢詐称疑惑を取り上げたのが、昨年12月の文春オンラインだった。
記者が学校を訪問し、監督と本人を直撃。
この記事は陸上界でも話題になった。
 結局この「疑惑」は晴れたが、ケニア人留学生の年齢詐称疑惑はこれまで何度も浮かんでは消えてきた。
 大学生が走る人気の箱根駅伝や実業団のニューイヤー駅伝に年齢制限はない。
高校駅伝には厳しい制限があるため「年齢詐称」が疑われるのだ。
■1、2年以上も放ったらかし ケニア人留学生に年齢詐称の疑惑が尽きないのは、ケニアの国民性と関係があるようだ。
某陸上関係者がこう言う。
「地方で生まれた子供の場合、親はすぐに役場に出生登録せず、1、2年以上も放ったらかしなんてことはざらにある。
国民性と言ってしまえばそれまでだが、それは長距離選手が多いキクユ族やカレンジン族だからというわけではないのです。
しかし、パスポートを作る際はあくまでも出生届に基づくので、実際は19歳でも17歳というケースはある。
これは留学生を受け入れる高校の責任ではないものの、昨年アベック優勝した世羅高校のように、全国大会でケニア人留学生が強さを発揮するほど、日本人だけで戦っているライバル校はおもしろくない。
年齢詐称疑惑は今後も出てくるでしょう。
それでもパスポートが葵の御紋になっている以上、どうにもならないし、すべての留学生がこのケースに当てはまるとも限りません」 真実がみつからない難問というべきか。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/sports/nikkangendai-696780.htmlより引用)

関連記事