維新の清水貴之参院議員、収支報告書を訂正 寄付金300万円不記載 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 (「容疑」)

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20220509k0000m010130000c.htmlより引用)
 日本維新の会の清水貴之参院議員(47)=兵庫選挙区=が代表を務める政治団体「清水貴之後援会」が、2017年と20年の政治資金収支報告書に「日本維新の会国会議員団」からの寄付金計300万円を記載せず、訂正していたことが判明した。
 収支報告書によると、17年と20年に同議員団から受け取った200万円と100万円の寄付が未記載だった。
17年分は神戸学院大の上脇博之教授が22年4月18日、政治資金規正法違反容疑で清水氏と後援会の会計責任者を刑事告発し、同25日に訂正された。
20年分も同議員団から2回に分けて受け取った計200万円のうち100万円分が記載されず、21年12月に訂正されていた。
 清水氏の事務所は「事務的なミスなのでチェック機能を強化したい」とコメント。
上脇教授は「常習性があり、単純ミスとは思えない」としている。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20220509k0000m010130000c.htmlより引用)

関連記事