生後4か月の女児を車に放置 母親と男逮捕 2021-04-04


図 この記事のタイプ傾向 (「発見」「容疑者」「通報」「疑い」「容疑」)

長崎県諫早市で生後4か月の女の子を車の中に放置したとして、母親(37)と男(40)が逮捕されました。
保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは、福岡県の介護士・塩塚麻美容疑者(37)と諫早市の会社員・松嶋一樹容疑者(40)です。
3日午後4時頃、諫早市のパチンコ店の駐車場で、軽乗用車の中で生後4か月の女の子が泣いているところを巡回中の警備員が発見し、警察に通報。
警察がかけつけたところ、女の子はすでに保護されていて、命に別条はありませんでした。
2人は店内にいました。
車の窓は全て閉め切られていて、少なくとも2時間は放置されていたとみられています。
調べに対し、2人は「赤ちゃんを放置したことに間違いない」と容疑を認めているということです。
(https://news.goo.ne.jp/article/ntv_news24/nation/ntv_news24-850582.htmlより引用)

関連記事