野党追及で官僚過重労働…「真っ赤なうそだ」 立民・安住氏 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt2103300023.htmlより引用)
 立憲民主党の安住淳国対委員長は30日、国会内で記者団に、政府提出法案にミスが相次いだ問題などの理由を野党の追及による官僚の過重労働に求める報道の在り方に苦言を呈した。
厚生労働省の職員23人が深夜まで東京・銀座の飲食店で会食していた問題に触れ「『大変だ、過重労働だ』といって午前0時まで宴会している。
(官僚の過重労働について)『野党が追及するから』というが、真っ赤なうそだ」と主張した。
 安住氏は「官僚を美化したらダメだ。
特定の記者やテレビのコメンテーターは官僚と親しくなり『官僚がかわいそう』というが、そうではない」と訴えた。
 また、総務省幹部らが放送事業会社「東北新社」と38回会食していたと指摘し、「国会(対応)で深夜までかかっている連中が、そんなことをしますか」と強調。
野党の追及姿勢を問題視するよりも、国会の調査権限を強化すべきであるとの考えを示した。
 安住氏は同日、自民党の森山裕国対委員長と会談し、31日の衆院厚労委員会で深夜会食問題に関する集中的な質疑を実施するよう求めた。
田村憲久厚労相の監督責任を追及する考えも示した。
(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt2103300023.htmlより引用)

関連記事