17歳少女を背後から突き飛ばす、性的暴行加えようとした高3少年を逮捕 2021-01-05


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」「疑い」「容疑」)

 群馬県警太田署は4日、みどり市の高校3年の少年(18)を強制性交致傷容疑で逮捕した。
 発表によると、少年は昨年10月21日午後6時20分頃、太田市内の路上で、自転車で下校途中の高校生少女(当時17歳)を自転車で追いかけて制止し、背後から突き飛ばして足を打撲するなどの軽いけがを負わせた上、性的暴行を加えようとした疑い。
容疑を大筋で認めている。
 同署によると、少年は少女と面識はなく、抵抗されたため、自転車で逃走した。
同署管内では昨年、同様の被害が十数件あったという。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210105-567-OYT1T50035.htmlより引用)

関連記事