FRBパウエル議長再任を承認 米上院、物価高対応が焦点 2022-05-13


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/business/kyodo_nor-2022051301000029.htmlより引用)
 【ワシントン共同】米上院本会議は12日、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長(69)の再任を賛成多数で承認した。
採決は賛成80、反対19で与野党双方から幅広い支持を得た。
議長の任期は1期4年。
記録的な物価上昇率を抑えるために政策金利を引き上げながらも、米経済を軟着陸させられるかどうかが2期目の課題となる。
 パウエル氏はトランプ前大統領に指名され、2018年2月5日に議長に就任。
バイデン大統領が昨年11月に再任指名したものの、上院での承認手続きが遅れていた。
現在は暫定的な議長として職務を続けている。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/business/kyodo_nor-2022051301000029.htmlより引用)

関連記事