“酒気帯び”運転で小学校教師が逮捕 基準値5倍超えのアルコール検出 2022-05-10


図 この記事のタイプ傾向 (「発見」「容疑者」「疑い」「容疑」)

 9日、福岡市内の小学校の男性教師が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕された。
 1台の車がパトカーに促されるように駐車場に入る。
車から降りてきたのは、ハーフパンツの男。
1人の警察官に向かって歩き始めた。
【映像】小学校教師が酒気帯び運転で逮捕 真っすぐ歩けるのか、アルコールの影響を調べる様子が映されていた。
男は、朝倉亮容疑者(29)。
酒気帯び運転の疑いで、現行犯逮捕された。
 この男の職業は、福岡市内の小学校に勤務する現役教師。
朝倉容疑者は、「飲食店でビールとハイボール4杯ずつ飲んだ」と供述している。
 警察は、福岡市内の道路をふらつきながら走る車を発見。
朝倉容疑者の吐いた息を調べたところ、基準値の5倍を超えるアルコールが検出されたという。
(https://news.goo.ne.jp/article/abematimes/nation/abematimes-10023116.htmlより引用)

関連記事