水虫薬混入の睡眠剤、同じ棚で保管…小林化工「形状異なり一般的な感覚では間違えない」 2021-01-05


図 この記事のタイプ傾向 (「危険」「事故」)

 製薬会社「小林化工」(福井県あわら市)が製造した爪水虫などの治療薬に睡眠導入剤の成分が混入した問題で、本来入れるべき有効成分の容器と混入した成分の容器が、同じ棚の上下に並べて置かれていたことが、同社関係者への取材でわかった。
用途の異なる原料がごく近くで保管されていたことになり、関係者は「ヒューマンエラーを起こしやすい状態だった」と危険性を指摘している。
 同社によると、有効成分を入れていたのは「高さ1メートル弱の大きな紙製のドラム缶」、睡眠導入剤成分は「小さく平たい缶」と大きさや形が全く異なっていた。
同社は「一般的な感覚では間違えないレベル」と説明しており、同社が設置した調査委員会が取り違えの経緯を調べている。
 同社は4日、問題の薬を処方された患者の人数を、これまでの364人から344人に修正した。
処方された人のうち、実際に服用した人が324人だったことも判明。
服用して健康被害を訴えた人は207人、交通事故に遭った人は22人となった。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210105-567-OYT1T50146.htmlより引用)

関連記事