2つの“骨”棒状で約15cm 人骨なら足か腕の可能性 2022-05-12


図 この記事のタイプ傾向 ()

山梨・道志村で11日、新たに見つかった骨のようなもの2つは、いずれもおよそ15cmの棒状で、人の骨であれば、足か腕の骨の可能性があることがわかった。
3年前、小倉美咲さんが行方不明になったキャンプ場周辺では、11日、新たに骨のようなものが2つ、これまでに運動靴が見つかった場所に近い急斜面で、警視庁の警察犬などにより見つかった。
捜査関係者によると、いずれも長さがおよそ15cmの棒状で、人の骨であれば、足か腕の骨の可能性があるという。
死後数年が経過しているとみられていて、警察は近く、司法解剖を行う方針。
12日も周辺では、警察犬と捜査員50人態勢の捜索が行われている。
(https://news.goo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-359260.htmlより引用)

関連記事