医師免許なしで女性の舌を切断して縫合…医師法違反で入れ墨彫り師の男逮捕 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「容疑者」「疑い」「容疑」)

 医師免許なしで女性の舌を切るなどの手術をしたとして、入れ墨の彫り師の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、愛知県刈谷市の彫り師木村智昭容疑者(40)です。
 警察によりますと木村容疑者は、2018年6月からことし1月にかけて、医師でないにもかかわらず、愛知県安城市を中心に、女性(当時20歳)ら男女4人に対して、8回に渡り麻酔薬を注射し、舌を切断して縫合する手術を行った医師法違反の疑いが持たれています。
 調べに対し木村容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。
 木村容疑者は2月、名古屋市内の歯科医院から麻酔薬およそ300本を盗んだなどとして逮捕・起訴されていて、警察が盗んだ麻酔薬の使用方法などを調べていました。
(https://news.goo.ne.jp/article/hicbc/region/hicbc-00050B2F.htmlより引用)

関連記事