東証反落、392円安 高値警戒で利益確定売り優勢 2021-04-06


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/business/kyodo_nor-2021040601001837.htmlより引用)
 6日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落、3万円の大台を割り込んで取引を終えた。
高値への警戒感から利益確定売りが優勢となった。
円高ドル安進行も重荷だった。
 終値は前日比392円62銭安の2万9696円63銭。
東証株価指数(TOPIX)は29.20ポイント安の1954.34。
出来高は約11億3587万株だった。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/business/kyodo_nor-2021040601001837.htmlより引用)

関連記事