北朝鮮ミサイル発射、政府発表 EEZ外に落下、被害確認されず 2022-05-12


図 この記事のタイプ傾向 (「注意」「発表」)

 日本政府は12日、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表した。
政府関係者によると、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられ、現時点で被害は確認されていないという。
韓国軍合同参謀本部も北朝鮮が日本海に向け弾道ミサイルを発射したと公表した。
 北朝鮮は7日にも東部沖から日本海へ潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる短距離弾道ミサイル1発を発射した。
 海上保安庁は12日、船舶に対し、落下物を見つけた場合は近づかないよう注意を呼びかけた。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/nation/kyodo_nor-2022051201001469.htmlより引用)

関連記事