斉藤優里が新型コロナ感染「症状は軽症で、現状容体は安定」 2021-01-08


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「安定」「発表」「回復」)

(https://news.goo.ne.jp/article/oricon/entertainment/oricon-2181350.htmlより引用)
 元乃木坂46の斉藤優里(27)が新型コロナウイルスに感染した。
8日に所属する乃木坂46合同会社が報告した。
 サイトでは「弊社所属タレント斉藤優里が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました」と報告。
「1月4日(月)夜より発熱があり、1月5日(火)に医療機関にてPCR検査を実施したところ、陽性であることが確認されました」と説明した。
 続けて「症状は軽症で、現状容体は安定いたしており、保健所のご指導により、療養及び経過観察いたします。
スタッフや他アーティストに濃厚接触者はおりません」と伝え「今後も医療機関・保健所の指示を仰ぎながら、回復に専念するとともに、私どもとしましては、より一層感染拡大防止に努めてまいります」と記した。
 斉藤は、乃木坂46第1期生オーディションに合格。
12年2月22日、1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。
13年、5thシングル「君の名は希望」のカップリング曲「13日の金曜日」で初のセンターを務める。
19年3月25日、乃木坂46からの卒業を発表、4thアルバム『今が思い出になるまで』の活動をもって卒業した。
舞台『脳内ポイズンベリー』に出演するなど卒業後は女優として活動する。
(https://news.goo.ne.jp/article/oricon/entertainment/oricon-2181350.htmlより引用)

関連記事