“好調”久保建英に与えられたのはわずか10分!オサスナとの肉弾戦は無得点ドローで決着 2021-04-04


図 この記事のタイプ傾向 (「好機」「激しい」「決定」)

(https://news.goo.ne.jp/article/soccerdigestweb/sports/soccerdigestweb-89012.htmlより引用)
 現地時間4月3日に開催されたラ・リーガ第29節で、久保建英が所属する14位のヘタフェが、13位のオサスナと敵地で対戦した。
 7試合ぶりにスタメンで起用された前節のエルチェ戦で今シーズンのラ・リーガ初アシストをマークした久保は、インターナショナルウィーク中にU-24日本代表でアルゼンチンとの2試合を戦ったこともあり、ベンチスタートとなった。
 試合は予想通り、序盤から激しい肉弾戦となるが、両軍とも攻撃の精度を欠き、なかなか決定機が作り出せない。
前半のチャンスらしいチャンスは、ヘタフェのアランバリのミドルシュートがGKの好セーブに阻まれた25分のシーンぐらいだった。
 アウェーチームは後半開始早々にククレジャとのワンツーからアレニャが好機を迎えるも、シュートはGKの正面を突く。
 代表戦も含めて3戦3アシストの久保にようやく出番が回ってきたのは、スコアレスで迎えた81分だった。
最初の交代カードでティモールに代わって投入され、トップ下に入る。
だが与えられた約10分間のプレーでは、ほとんどボールにタッチできず、見せ場を作ることはできなかった。
 試合はこのままスコアレスドローで終わっている。
(https://news.goo.ne.jp/article/soccerdigestweb/sports/soccerdigestweb-89012.htmlより引用)

関連記事