【最新情報】税別4,980円、ドンキが1440p動画記録対応の屋内ネットワークカメラ発売(ネットワークカメラ・防犯カメラ)

129

製品名:「SMAMOTCHER+(スマモッチャープラス)IP002」

「SMAMOTCHER+(スマモッチャープラス)IP002」

概要(価格.comより引用)

ドン・キホーテは、プライベートブランド「情熱価格プラス」より、Wi-Fi接続対応の小型ネットワークカメラ「SMAMOTCHER+(スマモッチャープラス)IP002」を発表。7月20日より順次、全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)で発売する。

2019年5月に発売した屋内向けのネットワークカメラ「SMAMOTCHER IP-001」の高性能モデルと位置づける機種。動画・静止画の撮影性能を強化し、動画撮影は最大2560×1440p、静止画撮影は400万画素に対応する。さらに、撮影範囲は左右360度、上下90度。動体検知性能は、従来モデルに比べて130%向上した(「SMAMOTCHER IP-001」との比較)。

機能面では、専用アプリ(従来モデルと共通)を経由して、カメラ設置場所の映像を確認できる。本体には、スピーカーとマイクを内蔵し、相互通話も可能だ。

このほか主な仕様は、外部記録媒体がmicroSDメモリーカード(最大128GB)。無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN規格をサポート。ライブストリーミングは3接続まで。本体サイズは65(幅)×110(高さ)×85(奥行)mm、重量は160g(microSDメモリーカード含む)。ボディカラーはホワイト、ブラック。

価格は4,980円(税別)。

■関連リンク

ドンキ、3,980円のWi-Fi対応ネットワークカメラ「スマモッチャー」

関連記事