【MSI】MSI、湾曲率1000Rを採用した23.6型ゲーミング液晶ディスプレイ(PCモニター・液晶ディスプレイ)

23

製品名:

概要(価格.comより引用)

エムエスアイコンピュータージャパンは、新ゲーミングディスプレイブランド「ARTYMIS」より、23.6型モデル「MAG ARTYMIS 242C」を発表。5月20日より発売する。

人間の視野とほぼ同等の湾曲率1000Rを採用した同社初のモデル。より高い没入感と長時間使用時の目への負担軽減も期待できるほか、画面で視界が覆われるので集中力が高まりやすく、プレイヤーのパフォーマンスを高く引き出せるという。

また、リフレッシュレート165Hz、応答速度1msを実現し、快適なゲームプレイが可能。アンチフリッカー、ブルーライト低減機能を備えており、目の疲れを軽減し、疲れを感じにくい状態を維持する。

主な仕様は、解像度が1920×1080ドット、液晶パネルがVA(ノングレア)、輝度が250カンデラ、コントラスト比が3000:1、視野角が上下左右178度、応答速度が1ms(MPRT)。

ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.2×1、HDMI 1.4b×2を装備する。

このほか、本体サイズは533.75(幅)×422.86(高さ)×228.37(奥行)mm。重量は3.77kg。

市場想定価格は36,000円前後。

関連記事