【シロカ】シロカ、食器洗い乾燥機に「UV除菌」モデルと「オートオープン」モデルの2種(食器洗い機)

32

製品名:

概要(価格.comより引用)

シロカは、食器洗い乾燥機の新モデルとして、UV除菌機能搭載の「SS-MU251」、およびオートオープン機能搭載の「SS-MA251」の2モデルを発表。「SS-MU251」を5月15日より、「SS-MA251」を5月29日より発売する。

いずれも、水道工事不要ですぐに使えるタンク式の食器洗い乾燥機。360度あらゆる角度からの洗浄を可能にする、同社独自の「360度キレイウォッシュ」を踏襲しつつ、「除菌率99.9%」を実現するという。

また、洗浄時間は、既存モデル(SS-M151/PDW-5D)と比較し約20分短縮し、1回の洗剤量は2g削減したとのことだ。

収納面では、一度に16点(約3人分)の食器が入るスペースを確保し、最大直径27cmの大皿にも対応する。

洗浄コースは「標準」「念入り」「おいそぎ」「ソフト」「高温すすぎ」の5つを搭載。専用給水トレイが付属し、簡単に給水できる。

「食器洗い乾燥機UV除菌タイプ SS-MA251」は、「360度キレイウォッシュ」で洗浄した後、UVライトの照射を行うことにより、除菌効果の持続性が向上。水を使わず除菌ができる「UV除菌専用コース」も搭載し、「除菌率99.99%」を実現([試験機関]日本微生物 クリニック 株式会社[測定方法]寒天平板混釈法[試験方法]紫外線による除菌性能評価試験。菌の種類1種)。哺乳瓶やおしゃぶり、マスク、携帯ケースなど、食器以外の除菌もできる。ボディカラーはホワイト。

「食器洗い乾燥機 オートオープンタイプ SS-MA251」は、洗浄後、自動でドアが開く「オートオープン」機能により、洗浄後の庫内の湯気を排出し、庫内の結露を抑制すると同時に食器の自然乾燥を促す。ボディカラーはシルバー。

共通の主な仕様は、使用水量が約6L、本体サイズは42(幅)×47(高さ)×44(奥行)cm、重量が13.5kg(本体、かご、小物入れ、小物かご)。かご、小物入れ、給水ホース、排水ホース、給水カップ、給水トレイ、小物かごが付属する。

市場想定価格はいずれも60,000円前後。

関連記事