【JVC】ケンウッド、Bluetooth対応の片耳ヘッドセット「KH-M700」「KH-M500」(ヘッドセット)

55

製品名:KH-M700

KH-M700

概要(価格.comより引用)

JVCケンウッドは、「ケンウッド」ブランドより、Bluetooth対応ワイヤレスヘッドセット「KH-M700」「KH-M500」を発表。4月上旬より発売する。

いずれも、手軽で快適にハンズフリー通話ができる片耳スタイルのワイヤレスヘッドセット。周囲の騒音を抑えてクリアな音声を実現する各種機能を搭載するのが特徴だ。

送話機能としては、両モデルともに2つの高性能MEMSマイクとQualcomm cVcテクノロジーを搭載。ユーザーの声を通話相手にクリアに伝えられる。

さらに、上位モデルの「KH-M700」には、同社の片耳スタイルのワイヤレスヘッドセットとして初めてノイズキャンセル機能を搭載。相手の声をクリアに聞きとれるよう受話品質の向上を図っている。

共通の仕様として、通話開始/終了やリダイヤルを操作できるフラットデザインのマルチファンクションボタンを採用。10.4mm径の高磁力ネオジウムドライバーユニットを搭載。IPX4の生活防水に対応する。

Bluetoothのバージョンは5.0で、対応プロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックがSBC。

バッテリー駆動時間は、通話が約7時間(ノイズキャンセリングON時約6.5時間)、音楽再生が約13時間(ノイズキャンセリングON時約11時間)、待ち受けが約164時間。

重量は、「KH-M700」が約10.3g(イヤーピース、イヤーフック含まず)、「KH-M500」が約10.1g(イヤーピース、イヤーフック含まず)。

ボディカラーは、「KH-M700」がブラック、「KH-M500」がブラックとホワイトを用意する。

市場想定価格は、「KH-M700」が11,000円前後、「KH-M500」が7,500円前後。

関連記事