【ZHIYUN】税別8,000円、手のひらサイズに折りたためるスマホ向けジンバル(携帯電話アクセサリ)

79

製品名:SMOOTH-X

SMOOTH-X

概要(価格.comより引用)

VANLINKSは、ZHIYUN製スマートフォン向けジンバル「SMOOTH-X」を発表。5月29日より、ZHIYUN JAPAN公式ストア、Amazon、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ケーズデンキやシステムファイブなどにて販売を開始する。

重さ246gの小型ジンバル。折りたたむと手のひらサイズのコンパクトさとなり、バッグやポケットに入れて気軽に持ち運べるという。

アルミニウム製の伸縮ロッドを備え、約260mmの長さまで本体を伸ばし、セルフィースティックのように使用可能。撮影モードは、本体の「M」ボタンから切り替えられ、縦画面向けの撮影への移行もスムーズに行えるという。

また、薄型化した新デザインのスマートフォンクリップを採用。「広角レンズを備えたスマートフォンや、ワイドレンズを後付けして撮影をする際にも、映り込みが起こらないようになった」と発表している。

さらに、Bluetooh接続に対応し、専用アプリとのペアリングが可能。アプリの画面上で人や動物、乗り物などのオブジェクトを指定することで、自動でジンバルが追尾する機能も備えた。

このほか、バッテリー駆動時間が最大約4時間。本体サイズは、収納時が65(幅)×56(高さ)×145(奥行)mm、撮影時が57(幅)×56(高さ)×263(奥行)mm。重量は246g。

価格は8,000円(税別)。

「SMOOTH-X」に関する他の記事

Sampling-LoveのBlog - SPIN MASTER A-1 / オオサカノミクス part 1
自然言語処理における自己相互情報量 (Pointwise Mutual Information, PMI) | キャンベルとヨセミテ
Peak detection in Python · GitHub
Apache Spark チュートリアル
Processing によるデータ視覚化: 第 3 回 2 次元グラフィックス、3 次元グラフィックス、物理的な動き、そしてネットワーク
Processing によるデータ視覚化: 第 3 回 2 次元グラフィックス、3 次元グラフィックス、物理的な動き、そしてネットワーク
Processing によるデータ視覚化: 第 3 回 2 次元グラフィックス、3 次元グラフィックス、物理的な動き、そしてネットワーク
ZTEジャパン社長 索東輝氏にZTEのモバイル戦略を聞く! =世界初のTD-LTE基地局からAndroid端末まで= | WBB Forum
Rの基本パッケージ中の平滑化関数一覧 - RjpWiki
Time series

関連記事