【DENON】デノン、8K対応AVアンプ「AVR-X4700H」「AVC-X6700H」発表(AVアンプ)

118

製品名:「AVR-X4700H」

「AVR-X4700H」

概要(価格.comより引用)

デノンは、9.2ch AVサラウンドレシーバー「AVR-X4700H」を7月下旬より、11.2ch AVサラウンドアンプ「AVC-X6700H」を8月下旬より、それぞれ発売すると発表した。

いずれも、8K映像信号のパススルーに対応したAVアンプとして展開。HDR(ハイダイナミックレンジ)については、従来のHDR10、Dolby Vision、HLGに加えて、HDR10+、Dynamic HDRも対応する。

また、テレビからのマルチチャンネルリニアPCM信号やDolby Atmos、DTS:Xなどのイマーシブオーディオ信号の入力を可能にするeARC、ゲーミングやVRに適したALLM、VRR、QMS、QFTといった機能もサポートする。

さらに、HDMI端子は8入力/3出力を装備。そのうち1入力(HDMI 7)、2出力(モニター1/2)が、8K/60および4K/120pのパススルーに対応する。全端子がデジタル映像コンテンツの著作権保護技術「HDCP 2.3」、そして従来のHD映像の2倍以上の広色域表現を可能にする「BT.2020」のパススルーをサポートした。

音質面では、旗艦モデル「AVC-X8500H」の開発過程で得られた知見、およびカスタムメイドの高音質パーツや回路設計技術を最大限に活用。「ロスレスオーディオやイマーシブオーディオの真価を引き出し、ダビングステージに迫るサウンドをホームシアターで再現する」と説明する。

具体的には、立体音響再生のクオリティを最大限に引き出すため、パワーアンプに全チャンネル同一のディスクリート構成を採用し、チャンネルごとの音質差を排除。「AVR-X4700H」は、最大出力235Wの9chディスクリート・パワーアンプを装備する。単体では9.2chまでの再生に対応し、パワーアンプを追加することで最大11.2chまで拡張可能だ。

「AVC-X6700H」は、増幅素子に「AVC-X8500H」と同じDHCT(Denon High Current Transistor)を採用した、最大出力250Wの11chモノリスコンストラクション・パワーアンプを搭載。新たに13.2chのプロセッシングに対応し、パワーアンプを追加すれば、「7.1.6」やフロントワイドを含む「9.1.4」までシステムを拡張できる。

音声フォーマットは、Dolby Atmos、DTS:X Auro-3Dに加えて、IMAXシアターの体験をホームシアターで再現するIMAX Enhanced、および新4K/8K衛星放送で使用されているMPEG-4 AAC(ステレオ、5.1ch)もサポートする。

このほか、ネットワークオーディオ機能には、HEOSテクノロジーを搭載。「Denon Home 150」、「Denon Home 250」などのHEOS Built-inスピーカーをシステムに追加すれば、ワイヤレス・マルチルーム環境を容易に構築できるという。

価格は、「AVR-X4700H」が180,000円、「AVC-X6700H」が330,000円(いずれも税別)。

関連記事