【最新情報】【ノートパソコンまとめ】十分な性能で4万円〜10万円台から買えるノートパソコン(ノートパソコン)

47

製品名:

概要(価格.comより引用)

2020年夏、新型コロナウイルス感染拡大防止によるテレワークの増加から、ノートパソコンの需要が高まっているなか、4万円から10万円台という手ごろな価格で買える最新モデルに注目したい。

2020年最新モデルでは、10万円以下ながらも、512GB SSDを搭載したモデルや、1kg台の軽量モデルなど、コストパフォーマンスにすぐれながら、実用性の高い機種が登場している。

CPUは、第10世代インテルCoreプロセッサーを搭載するモデルに加えて、AMDのRyzenを採用したモデルもラインアップ。無線LAN機能として、最新のWi-Fi 6に対応したモデルも見逃せない。

このように手ごろな価格ながら、選択肢が豊富にそろった2020年最新モデル。きっと、使用用途に合わせた機種を選べるはずだ(※2020年6月25日時点。リンク先はすべて記事公開時の情報)。

ファーウェイ、税別69,800円〜の15.6型ノートPC「MateBook D 15」

15.6型の大画面とメタルボディに加え、スリム設計を実現したのが特徴。重さ約1.53kg、厚さ約16.9mmとモバイル用途にも適している。ラインアップは、Ryzen 5搭載モデルとRyzen 7搭載モデルを用意。Ryzen 7搭載モデルは512GB SSDを採用する。

ASUS、税別10万円以下で512GB SSD搭載の15.6型ノートPC

15.6型の大画面ながらも、コンパクトサイズを実現したのが特徴。重量は約1.7kgと携帯性にすぐれる。性能面では、CPUに「Ryzen 7 3700U」を、ストレージがに512GB SSDを搭載。「Office Home and Business 2019」が付属したモデルも用意する。

ASUS、第10世代Coreと光学ドライブを搭載した15.6型ノートPC「X545FA」

光学ドライブを搭載しながらも、従来の15.6型ノートパソコンよりもコンパクトなのが特徴。CPUには第10世代インテルCoreプロセッサーを採用。ストレージは512GB SSDを搭載する。重量は約1.9kg。

税別64,800円、重さ1.24kgで11時間駆動のMousePro14型ノートPC「NB2」

厚さ約19.5mm、重さ約1.24kgとなる、「MousePro」の14型モバイルノートパソコン。ノングレア仕様の14型フルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載。バッテリー駆動時間は約11.0時間。OSは「Windows 10 Pro」をプリインストールする。

mouse、税別4万円台で1.2kgの11.6型モバイルノートPC「mouse C1」

11.6型HD液晶(1366×768ドット)を搭載しながら、約1.2kgと軽量なモバイルノートパソコン。性能面では、CPUに「Celeron N4100」、メモリーに8GB、ストレージに240GB SSDを搭載する。直販価格は、Officeなしモデルが46,800円、Office Personal 2019付きモデルが65,800円(いずれも税別)。

ツクモ、税別10万円以内で第10世代CoreやWi-Fi 6搭載の15.6型ノートPC

第10世代インテル「Core」プロセッサーを採用し、狭額ベゼルの15.6型フルHD IPS液晶を搭載したモデル。全モデル税別10万円以内からと、価格を抑えながらも高速なNVMe接続のSSDを搭載するほか、Wi-Fi 6にも対応している。

エイサー、Wi-Fi 6に対応した15.6型ノートPC「Aspire 5」など

15.6型ノートPC「Aspire 5」は、Wi-Fi 6に対応したモデル。性能面では、CPUに「Core i7-10510U」、メモリーに8GB、ストレージに512GB SSDを搭載。バッテリー駆動時間は約9.5時間。重量は約1.8kg。より価格を抑えたWi-Fi 5に対応したモデル「Aspire 3」も用意する。

関連記事