【シャープ】シャープ、YouTube8K動画再生対応の8K液晶テレビ「AQUOS 8K DW1ライン」(薄型テレビ・液晶テレビ)

86

製品名:8K液晶テレビ「AQUOS 8K」

8K液晶テレビ「AQUOS 8K」

概要(価格.comより引用)

シャープは、8Kチューナー内蔵の8K液晶テレビ「AQUOS 8K」2機種を発表した。70V型「8T-C70DW1」、60V型「8T-C60DW1」をラインアップし、6月12日より発売する。

主な特徴としていずれも、画面解像度は7680×4320ドットで、チューナーは、BS8Kチューナー×1基、BS4K/110度CS4Kチューナー×2基、地上/BS/110度CSデジタルチューナー×3基を装備する(8K放送の視聴には、右旋・左旋円偏波対応のアンテナ、分配器、分波器、ブースター、ケーブルなどの交換が必要)。

また、HDRをサポートし、「HDR10」「HLG」「Dolby Vision」規格に対応。新たに、YouTubeの8K動画再生もサポートする。

さらに、新開発の8K画像処理エンジン「Medalist Z2」を装備。コントラストを緻密に表現する独自アルゴリズム「スマートアクティブコントラスト」を採用し、「シーンごとの輝度情報に基づいて明暗を描き分け、よりメリハリのあるくっきりとした8K映像を楽しめる」という。

加えて、独自の「8K 超解像アップコンバート」技術によって、地上デジタル放送や4K放送のほか、インターネット動画やブルーレイディスクなどの映像も「8K情報量で表現する」とのことだ。

機能面では、新たに「ハンズフリー音声操作」に対応。テレビに話しかけることで、電源のオン/オフや選局、音量調整などの操作を行える(同機能は、5月以降順次発売の「AQUOS OLED DS1ライン」および「AQUOS 4K DN1ライン」にも搭載。ハンズフリー音声操作を使用するためには、ブロードバンドでのインターネット接続が必要)。

音質面では、音声実用最大出力が55W(10W+10W+10W+10W+15W)。独自の傾斜構造スピーカーとサブウーハーを搭載した高音質設計「WIDE-AREA SOUND SYSTEM」を採用する。音に包まれるような臨場感が味わえるという「音楽ライブ」サウンドモード、空間全体の音響パワーの変化をとらえて補正する音響補正技術「Eilex PRISM」も搭載した。

70V型「8T-C70DW1」の本体サイズは156.4(幅)×99(高さ)×36.1(奥行)cm、重量は約46.5kg(いずれもスタンド装着)。

60V型「8T-C60DW1」の本体サイズは135.6(幅)×87(高さ)×29(奥行)cm、重量は約34kg(いずれもスタンド装着)。

価格はいずれもオープン。

「8K液晶テレビ「AQUOS 8K」」に関する他の記事

【西川善司】miniLEDにレーザー光源,巻き上げ有機ELなどなど。テレビやディスプレイはこれから新世代がやってくる!?
今あるHDMIケーブルは「HDMI 2.1」で使えない? 新規格における違いをアピールするHDMIライセンス団体
シャープ、70V型8K液晶テレビ「AQUOS」発表--12月発売100万円で - CNET Japan
シャープ亀山工場 - Wikipedia

関連記事