【シャープ】ドコモ、5G対応Wi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」を6/1発売(docomo(ドコモ) モバイルデータ通信)

24

製品名:

概要(価格.comより引用)

NTTドコモは、5月下旬以降に発売を予定していた、同社初となる5G対応Wi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」(シャープ製)の発売日を決定。6月1日より発売する。

受信時最大4.1Gbpsの5G(28GHz帯)通信に対応したモデル。4G(LTE)環境でも、同社のWi-Fiルーターで最速となる受信時最大1.68Gbpsを実現している。なお、受信時最大4.1Gbpsは2020年夏以降の提供予定で、発売時点では、受信時最大3.4Gbps、送信時最大182Mbpsとなる。

また、送信時最大480Mbpsの5G(28GHz帯)通信に対応(2020年夏以降の提供予定)。4K/8Kの高精細映像もリアルタイムで伝送できるという。

さらに、同社初となる有線LANポートを内蔵し、2.5GBASE-Tに対応。無線LAN規格は、IEEE802.11a/b/g/n/ac/axをサポートしており、最大1.2Gbpsの高速通信が可能だ。

このほか、付属のUSB 3.0ケーブルでUSBテザリングが可能。バッテリー容量は4000mAh。バッテリー駆動時間は、5Gの連続通信で約290分。本体サイズは157(幅)×84(高さ)×16(奥行)mm。重量は約268g。

■関連リンク

ドコモ、最大4.1Gbpsの5G対応Wi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」

関連記事