【パナソニック】パナソニック、“新4K放送の2番組同時録画”に対応した「4Kビエラ JX900/JX850」(薄型テレビ・液晶テレビ)

97

製品名:「4Kビエラ JX900シリーズ」2機種および「4Kビエラ JX850シリーズ」

「4Kビエラ JX900シリーズ」2機種および「4Kビエラ JX850シリーズ」

概要(価格.comより引用)

パナソニックは、4液晶テレビの新モデルとして、「4Kビエラ JX900シリーズ」2機種および「4Kビエラ JX850シリーズ」2機種を発表した。

「4Kビエラ JX900シリーズ」のラインアップは、65V型「TH-65JX900」、55V型「TH-55JX900」を用意し、いずれも4月23日から発売する。

「4Kビエラ JX850シリーズ」のラインアップと発売時期は、49V型「TH-49JX850」が4月23日、43V型「TH-43JX850」が今夏を予定している。

いずれも、映像処理回路を一新し、高画質技術が進化したという点が特徴。ディープラーニングを活用したAI技術による、シーン認識アルゴリズムを搭載したことで、シーンに応じて画質を自動で最適化する「オートAI画質」を実現する。

さらに、映像信号処理技術も進化。プロの映像制作用マスターモニターにも採用されているという3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)を搭載した「ヘキサクロマドライブ」や「Wエリア制御」が進化し、「明部から暗部まで、4K/HDR映像の色と階調を忠実に再現する」とのことだ。

このほか、HDMI2.1規格の4K120p入力に加えて、映像の入力から表示までの遅延を抑えて、より快適なゲーム体験を楽しめる「ゲームモード エクストリーム」も新たに装備した。

音質面では、総合30W(15W+15W)のダイナミックサウンドシステムに加えて、立体音響技術「Dolby Atmos」に対応し、「テレビのスピーカーのみで、上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響」を実現するという。

なお、「4Kビエラ JX900シリーズ」のみ、薄型メタルフレームを採用。新構造によってフレームデザインを刷新し、パネル面とフレームの段差をなくしたフラット構造を施したという。

主な仕様は共通で、画面解像度は3840×2160ドット。HDRをサポートし、「HDR10」「HLG」「HDR10+」「Dolby Vision」規格に対応する。チューナーは、BS4K/110度CS4Kチューナーを各2基、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを各3基装備する。

録画機能では、外付けのUSB HDD(別売り)を使った番組録画が可能。また、「新4K衛星放送の2番組同時録画にも対応する(新4K衛星放送を2番組同時録画中に視聴できる新4K衛星放送は、録画中の番組のみ)」とのことだ。

価格はオープン。

■関連リンク

パナソニック、AI技術で画質・音質を調整するハイエンド4K液晶ビエラ「JX950」

関連記事