【パナソニック】パナソニック、630gの小型・軽量フルサイズミラーレス「LUMIX S5」(デジタル一眼カメラ)

38

製品名:

概要(価格.comより引用)

パナソニックは、フルサイズミラーレスカメラ「LUMIX DC-S5」を発表。20-60 mm F3.5-5.6の標準ズームレンズが付属した「Kキット」とボディ単体をラインアップし、9月25日より発売する。

小型・軽量ボディ(約630g)を実現したフルサイズミラーレスカメラ。有効2420万画素のローパスフィルターレス35mmフルサイズCMOSセンサーを採用。低照度環境における高感度撮影において高いパフォーマンスを発揮する「デュアルネイティブISOテクノロジー」は、1画素ごとに専用回路を2系統備え、「低ISO感度回路」と「低ノイズ・高ISO感度回路」の2系統を設定感度に応じて自動で切り換えることで、ノイズを抑えた、より自然で美しい描写を可能にする。

また、フルサイズセンサーの性能を最大限に引き出す「ヴィーナスエンジン」は、マルチピクセル輝度生成とインテリジェントディテール処理により、交換レンズの持つ解像性能を余すことなく再現するだけでなく、センサーからの信号処理フローを最適化させることで、広いダイナミックレンジを実現する。

ファインダーは、視認性が高く高輝度な、ファインダー倍率約0.74倍を備えた約236万ドットの高精細OLED(有機EL)を搭載。モニターには、3.0型で高輝度・高色域の約184万ドット静電容量方式タッチパネル液晶を搭載しており、スムーズなタッチ操作とフリーアングル仕様でハイアングルからローアングルまで、さまざまなアングルでの撮影をサポートする。

AF性能では、ディープラーニングを応用した「リアルタイム認識AF」アルゴリズムに、人体の「頭部認識」を新たに加えることで、人物に対するAF追従性能を強化。動く被写体や、人物の顔が隠れてしまうようなシーンでも、頭部と人体の位置やサイズ、画角により撮影意図をカメラが自動で判別し、背景抜けを抑えながらフォーカスし続ける。人の顔と瞳を検知し、自動でピントを合わせる「顔・瞳認識AF」も「頭部認識」により、遠くの小さな顔も認識し続けることが可能になっている。

手ブレ補正では、5軸方向の補正に対応するセンサーシフト方式のボディ内手ブレ補正(B.I.S.)を搭載し、5段の補正効果を実現。くわえて、レンズ内手ブレ補正を搭載したSシリーズレンズを使用することで、2軸のレンズ内手ブレ補正(O.I.S.)と5軸のボディ内手ブレ補正(B.I.S.)を連動させる「Dual I.S. 2」により、最大6.5段という高い手ブレ補正効果を発揮する。

動画撮影では、4K60p(4:2:0,10 bit)記録から、4K30p(4:2:2,10 bit)内部記録まで幅広い動画記録モードを搭載。4K30p/24p(4:2:0,8 bit)記録、フルHD記録においては時間制限なしの動画記録を実現している。

機能面では、9600万画素相当の高解像写真を生成するハイレゾモード、星や夜景の美しい光跡撮影を楽しめるライブビューコンポジットを搭載する。

さらに、1/8000秒の新開発小型シャッターユニットを搭載。連写撮影は、AF固定7コマ/秒、AF追従5コマ/秒。ダブルSDカードスロットやUSB給電に対応。高い堅ろう性のマグネシウム合金フレームとシーリング構造の防塵・防滴設計を採用する。

交換レンズ「S-R2060」と付属バッテリーパック使用時のバッテリー寿命は、約440枚(モニター時)/約470枚(ファインダー時)/約1500枚(省電力ファインダー撮影設定時)。

このほか、本体サイズは132.6(幅)×97.1(高さ)×81.9(奥行)mm。重量は約714g(バッテリー、SDメモリーカード1枚含む)/約630g(本体のみ)。

価格はいずれもオープン。

関連記事