【Anhui_ChangGeng_Optical_Technology】LAOWA、7.5mm/9mm/15mmの金属製シネレンズ3機種(レンズ)

25

製品名:LAOWA 7.5mmT2.1 Cine、LAOWA 9mmT2.9 Zero-D Cine、LAOWA 15mmT2.1 Zero-D Cine

LAOWA 7.5mmT2.1 Cine、LAOWA 9mmT2.9 Zero-D Cine、LAOWA 15mmT2.1 Zero-D Cine

概要(価格.comより引用)

サイトロンジャパンは、「LAOWA」(Venus Optics)ブランドより、シネレンズ3機種を発表。9月10日に発売する。

ラインアップは、マイクロフォーサーズマウント対応の「7.5mmT2.1 Cine」、E/F/マイクロフォーサーズマウント対応の「9mmT2.9 Zero-D Cine」、ソニーEマウント対応の「15mmT2.1 Zero-D Cine」を用意する。いずれも金属製筐体を採用し、レンズ第1面にはフロッグアイ撥水コート(FEC)を施した。

■「LAOWA 7.5mmT2.1 Cine」

3枚の特殊低分散(ED)レンズを採用したモデル。「きわめてコンパクトなレンズながらも、特別な両面非球面レンズ採用により驚くべき光学性能とディストーションの少ない画像を提供する」とのこと。また、すべてのレンズ面に低反射多層膜コートを施した。

主な仕様は、焦点距離が7.5mm、絞り範囲(T値)が2.1〜22、レンズ構成が9群13枚、絞り羽根枚数が7枚、最短合焦距離が12cm、イメージサークルが直径21.6mm、画角が110度、フロント直径が52mm。本体サイズは56(直径)×46mm、重量は約170g。

市場想定価格は87,000円前後。

■「LAOWA 9mmT2.9 Zero-D Cine」

2枚の非球面ガラスと、3枚のED(特殊低分散)レンズを採用したモデル。「ほぼディストーションゼロの高性能さと、コンパクトさを両立することに成功した」とのこと。

APS-Cフォーマット用に設計し、イメージサークルは直径29mm。イメージサークルが28mmのスーパー35シネマカメラに使用できる。

主な仕様は、焦点距離が9mm、絞り範囲(T値)が2.9〜22、レンズ構成が10群15枚、絞り羽根枚数が7枚、最短合焦距離が12cm、イメージサークルが直径29mm、画角が113度/100度、最大径が58mm。本体サイズは62.4(直径)×54mm、重量は約247g。

市場想定価格は87,000円前後。

■「LAOWA 15mmT2.1 Zero-D Cine」

3枚の特殊低分散(ED)レンズを採用したモデル。「きわめてコンパクトなレンズながらも、特別な両面非球面レンズ採用により驚くべき光学性能とほぼディストーションゼロの画像を提供する」とのこと。また、すべてのレンズ面に低反射多層膜コートを施した。

主な仕様は、焦点距離が15mm、絞り範囲(T値)が2.1〜22、レンズ構成が9群12枚、絞り羽根枚数が5枚、最短合焦距離が15cm、イメージサークルが直径43.3mm、画角が110度、対物直径が80mm。本体サイズは84.8(直径)×91.2mm、重量は約540g。

市場想定価格は180,000円前後。

関連記事