【SONY】ソニー、ノイキャン・防水・重低音に対応した完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP800N」(イヤホン・ヘッドホン)

119

製品名:WF-SP800N

WF-SP800N

概要(価格.comより引用)

ソニーは、スポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP800N」を発表。6月27日より発売する。

IPX5相当の防水性能と、IP5X相当の防じん性能を備えた、スポーツ向けモデル。汗をかく運動中や雨の気になるアウトドアでも安心して使用することが可能だ。

また、激しいスポーツ中でも外れにくい装着性を実現。迫力ある重低音のEXTRA BASS(エクストラベース)サウンドや、スマートフォン専用アプリ「Sony | Headphones Connect」上で音質を選べるイコライザーに対応する。

さらに、ノイズキャンセリング機能を搭載し、周囲の音を取り込む「アンビエントサウンドモード」のほか、ユーザーの行動や訪れる場所に合わせて両機能とイコライザーを自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」に対応する。

ワイヤレス接続では、スマートフォンやウォークマンなどの音楽再生機器から左右の本体それぞれに同時伝送する方式を採用し、安定した接続性を実現している。

操作性では、左右の本体それぞれにタッチセンサーを搭載。左側のタッチセンサーを長押しすると、一時的に音楽のボリュームを絞り、周囲の音を取り込む「クイックアテンションモード」が起動する。

加えて、装着検出に対応しており、両耳に装着中、片側を外すと自動で音楽を一時停止し、つけ直すと自動で音楽が再開する。

Bluetoothのバージョンは5.0で、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックがSBC、AAC。

バッテリー駆動時間は、本体のみで9時間(ノイズキャンセリング機能オン)、付属のケースで1回分充電して合計18時間。クイック充電にも対応する。

このほか、重量は約9.8g(片側)。ボディカラーは、ブラック、ホワイト、ブルー、オレンジの4色を用意する。

市場想定価格は24,000円前後(税別)。

「WF-SP800N」に関する他の記事

ワイヤレスイヤホン「ソニー WF-SP800N」レビュー:WF-1000XM3よりもフィット感よし。ノイキャンと音質は...? | ギズモード・ジャパン
ソニー、ノイキャン+IPX5防水の完全無線イヤホン「WF-SP800N」を6月27日発売 - Engadget 日本版
ソニーの完全ワイヤレス新機種2つ! 1万5000円の重低音&9時間ノイキャン、どっちが欲しい? | ギズモード・ジャパン

関連記事