【SONY】ソニー、NCワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM4」に限定色「サイレントホワイト」(イヤホン・ヘッドホン)

65

製品名:WH-1000XM4

WH-1000XM4

概要(価格.comより引用)

ソニーマーケティングは、ノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン「WH-1000XM4」より、限定カラー「サイレントホワイト」を発表。5月28日に発売する。

「サイレントホワイト」は、“研ぎ澄まされた静寂”をコンセプトとした限定カラー。パールを配合することで、繊細なテクスチャー感や奥行きを表現したプレミアムなホワイトに仕上げたという。手触りのよさにこだわったトップコートを施した。

「WH-1000XM4」は、業界最高クラス(2021年2月1日時点、同社調べ)のノイズキャンセリング性能に加えて、AI技術を活用することで、「ハイレゾ相当のクリアな音と、音楽体験を最適化するスマート機能を実現する」というBluetoothヘッドホン。

具体的には、ノイズキャンセリング性能は、ヘッドホンの内外に配置した2つのセンサーで効率的にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」と、同社独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を引き続き装備。これらに加えて、進化したBluetoothオーディオSoCと「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」との新たな連係により、ノイズキャンセリング性能のアルゴリズムが進化したという。

また、ハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする高音質技術「DSEE HX」にAI技術を搭載した「DSEE Extreme」に対応。さまざまなジャンルの楽曲で深層学習を施したAI技術が、再生中の曲のタイプを自動で判別することで、特に高音域の補完性能が向上し、さらなる高音質化を実現したとのことだ。

さらに、使用シーンに合わせてノイズキャンセリング機能などを自動で最適化するスマートな機能を強化。装着中にヘッドホンがユーザーの発した声のみを認識して音楽を一時停止し、外音取り込み機能に切り替えて会話ができる新機能「スピーク・トゥ・チャット(Speak to Chat)」に対応した。

このほか、使用シーンに合わせてノイズキャンセリング機能や周囲の音の取り込み方を自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」も、新たにAIがユーザーの頻繁に訪れる場所を認識できるようになり、場所ごとに最適な設定が可能となった。加えて、装着検出によって、ヘッドホンを付け外すと自動で音楽を再生再開・一時停止する機能も搭載する。

機能面では、ノイズキャンセリング性能において、ユーザーの声をクリアに収音する「高精度ボイスピックアップテクノロジー」により、クリアな音でのハンズフリー通話が可能。また、同時に2つのBluetooth対応機器に接続でき、素早くスムーズに機器を切り替えられる。

既存のボディカラーは、ブラック、プラチナシルバーを展開している。

価格はオープン。

■関連リンク

ソニー、ノイキャン性能が進化したBluetoothヘッドホン「WH-1000XM4」

「WH-1000XM4」に関する他の記事

AirPods Pro vs WH-100XM4比較②外出時はAirPods Pro、家での作業はWH-100XM4だけど甲乙つけるならWH-100XM4 | 【アフィライフ】初心者apaがアフィリエイトで月収250万円稼いだ方法
AirPods Pro vs WH-100XM4比較① パソコンにのめり込むような集中力を発揮するのはどっち? | 【アフィライフ】初心者apaがアフィリエイトで月収250万円稼いだ方法
ワイヤレス ノイズキャンセル ヘッドフォンで国内線のフライトや 通勤移動時も快適に過ごしたい。「apple」vs「SONY」vs「BOSE」vs「Sennheiser」お好みはどれ? - 独りぼっちのお気楽マイル道 ANA SFC 思想”たまには贅沢もいいじゃない?”
ウェブで人気のトップ1000のアイテムを集めたミニサイト「Best Things」をGoogleが公開 | 海外SEO情報ブログ
アップル製ヘッドホン、ソニー製より2万円高い理由 分解で迫る | 日経クロステック(xTECH)
Web小説サイト「カクヨム」 カクヨム誕生祭2021 ~ 5th Anniversary ~ - カクヨム特設ページ - カクヨム特設ページ
据置型「Fiio BTA30」レビュー。PCでLDACを使うならコレで決まり – すまほん!!
elagoのヘッドホンスタンドがオシャレで高さと安定感もありすごく気に入っている - 読めるブログ
人の声を聞こえなくしたい、耳栓の代わりにしたい【ノイズキャンセリングイヤホン・ヘッドホン】 - スキゾイドな「ウサキさん」の思考
付けるだけで集中力が上がる!SONYノイキャンヘッドホン『WH-1000XM4』をレビュー。おすすめです。 - 読めるブログ
ソニー【ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン】WH-1000XM4 - ガネしゃん
Apple純正のワイヤレスヘッドホン「AirPods Max」をバラバラ分解、ソニーやBoseのヘッドホンが「おもちゃのよう」 - GIGAZINE
言葉を紡ぐ人のaudio style 中村 航/作家が語る音質とWH-1000XM4| Feature | ソニー
寝落ちできるSONYノイキャンヘッドホンWH-1000XM3で最高の気分転換 - 北欧ミッドセンチュリーの家づくり
#Qiitaアドカレ 日本マイクロソフト賞 5 名 (Azure x Python, Cloud Native) - Qiita
在宅勤務(WFH)の環境アップデート2021年冬 - Images & Words
earsopen®(EO):世界最小、高音質級骨伝導CLIP型イヤホン│ミライハウス
Sonyの立体音響技術360 Reality AudioをWH-1000XM4で体験 – Dream Seed.
今年買ったもの2020 - id:onk のはてなブログ
2020年に「買って良かったもの」9選 | パレオな男
トレタにJOINして勉強になったRailsに関する3つを紹介 - トレタ開発者ブログ
AirPods Max レビュー:Pro以上のサウンド体験 | ゴリミー
2020年買ってよかったもの/課金してよかったもの - Images & Words
今すぐ買えるワイヤレスヘッドホンとイヤホンのカテゴリ別ナンバーワン決定戦 | ギズモード・ジャパン
AirPods Max深堀りレビュー。極めてニュートラルな音質に好印象ながら実質のライバルは不在(本田雅一) - Engadget 日本版
アップル「AirPods Max」実機を体験--6万円超えの価格に見合う価値はあるのか - CNET Japan
ヘッドホン選びで僕がノイキャン機能を重視しない理由 | ギズモード・ジャパン
アップル AirPods Max 実機インプレ。従来とは異なる評価軸のヘッドホン - Engadget 日本版
錦野旦「空に太陽がある限り」の替え歌で、パッシブデザインの歌を作ってみた。 | dodomakase life
comprar Aristocef. Aristocef farmacias ahumada. - Kunena
Appleの「AirPods Max」、6万円超は高すぎた? 発表直後からソニー製品が評価される異様な状況に - ITmedia NEWS
aptXは本当に高音質で低遅延なのか - 謝花ミカ - Medium
求ム!Pythonを使ってAzureで開発する時のTips!【PR】日本マイクロソフト Advent Calendar 2020 - Qiita
完全ワイヤレス型の「デジタル耳せん」、キングジムが発売 - ITmedia NEWS
WindowsでもLDACを使う方法 – すまほん!!
Macを捨ててWindowsへ移行!おすすめ周辺機器を紹介 – すまほん!!
「王様のブランチ」で紹介!圧縮音源もハイレゾ級高音質で楽しめる『SONYのヘッドホン(WH-1000XM4)』 - こういうものはどうですか
ハイレゾ相当のクリアな音を実現するAI・人工知能とは?
AirPods Studioは2モデル、約63,800円と36,800円で発売か? - iPhone Mania

関連記事