【BAT】最高加熱温度がアップした加熱式タバコ「glo Hyper+(グロー・ハイパー・プラス)」(電子タバコ・加熱式タバコ)

36

製品名:「glo Hyper+(グロー・ハイパー・プラス)」を

「glo Hyper+(グロー・ハイパー・プラス)」を

概要(価格.comより引用)

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BAT)は、加熱式タバコの新デバイスとして「glo Hyper+(グロー・ハイパー・プラス)」を発表した。gloオンラインストアおよび全国のgloストアで1月12日より販売を開始する。

「glo Hyper+」は、新たな誘導加熱技術(IH)を採用し、従来機種「glo hyper(グロー・ハイパー)」と比べて、「ブーストモード」の最高加熱温度を10度高めに設定したというモデル。約20秒で加熱が完了して約4分間喫煙できる「通常モード」、約15秒間で加熱が完了して約3分間喫煙できる「ブーストモード」に対応する。

さらに、ブラック、ゴールド、ブルー、ホワイトのボディカラー4種類とパネルカラー6種類という計24種類から、好みに合ったデザインを自由に選べる点も特徴。「より自分らしいデバイスカラーを楽しみたいという、ユーザーニーズに応える」と同社では紹介している。

このほか、充電時間が約90分、使用可能回数が約20回(フル充電した場合の使用回数)。起動時間は「通常モード」が20秒、「ブーストモード」が15秒。最高加熱温度は「通常モード」が250度、「ブーストモード」が260度。

本体サイズは46(幅)×83(高さ)×22(奥行)mm、重量は約106g。

価格は980円。

■関連リンク

BAT、グロー・ハイパー用「neo Origins」7銘柄をgloストアなどで販売開始へ

BAT、“従来から4mm太い“スティックを使用する加熱式タバコ「glo hyper」

「加熱式タバコ」2020年下半期のトレンドや新デバイスは? 各社の動向まとめ

「加熱式タバコ」2020年上半期のトレンドは? 各社の動向まとめ

2020年10月1日タバコ値上げへ。「IQOS」「Ploom TECH」「glo」増税後の価格は?

関連記事