【三菱重工】三菱重工、“吸い上げた水だけを加熱する”スチームファン蒸発式加湿器2モデル(加湿器)

12

製品名:加湿器「roomist」の2020年モデル

加湿器「roomist」の2020年モデル

概要(価格.comより引用)

三菱重工冷熱は、加湿器「roomist(ルーミスト)」の2020年モデルとして、スチームファン蒸発式加湿器を発表。9月9日より順次発売する。

ラインアップは、加湿能力350ml/hタイプの「SHE35TD」と600ml/hタイプの「SHE60TD」。いずれも、蒸発布が吸い上げた水だけをヒーターで加熱して蒸発させる、独自の加湿方式を採用したスチームファン蒸発式加湿器だ。 加湿能力が温度や湿度に左右されることが少ないため、低温の環境でも使用できるという。加湿能力を抑えたエコ運転の設定も可能だ。

また、同方式の加湿器は、プラズマイオンを放出してウイルスや浮遊菌を抑制する「とびだし除菌」と、特殊フィルターで細菌やカビをキャッチして抑制する「つかまえ除菌」を合わせた「プラズマW除菌」機能も搭載する(350mlタイプはつかまえ除菌のみ)。

さらに、水に含まれるミネラル分などの堆積物「スケール」の付着を抑えるイオンフィルターを標準装備しており、手入れが簡単に行えるとのことだ。このほか、運転開始から約1分で立ち上がるという。

なお、350mlタイプは最大消費電力250Wで運転音27dBと、電力消費が少なく静かに運転する。デジタル表示部分の輝度調節機能を備えており、操作もしやすいという。

「SHE35TD」の主な仕様は、消費電力は125〜250W、適用畳数(木造和室/プレハブ洋室)は6/10畳、タンク容量は約2.8L、本体サイズは220(幅)×245(高さ)×267(奥行)mm、重量が3kg。ボディカラーはピュアホワイトとブラック。

価格は19,000円(税別)。

「SHE60TD」の主な仕様は、消費電力は220〜440W、適用畳数(木造和室/プレハブ洋室)は10/17畳、タンク容量は約4L、本体サイズは221(幅)×308(高さ)×297(奥行)mm、重量が4kg。ボディカラーはピュアホワイトとブラック。

価格は25,000円(税別)。

関連記事