【パナソニック】パナソニック、2019年以降発売の「4Kビエラ」が「TVer」に対応(薄型テレビ・液晶テレビ)

83

製品名:パナソニック、2019年以降発売の「4Kビエラ」が「TVer」に対応

パナソニック、2019年以降発売の「4Kビエラ」が「TVer」に対応

概要(価格.comより引用)

パナソニックは、2019年以降に発売した4Kテレビ「VIERA (ビエラ)」が民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」に対応したことを発表した。

「TVer」は、在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)が運営するキャッチアップサービスとして、2015年10月にスタート。現在、在阪民放5社(毎日放送、朝日放送テレビ、テレビ大阪、関西テレビ、読売テレビ)を含めた10社で連携し、約300番組を放送終了後から次回放送までの約7日間、無料配信している。

なお、「テレビ向けに配信される番組は、WEBサイト、スマートフォン/タブレットアプリで配信される番組と一部異なる場合がある」とのことだ。

対応機種は、2020年モデルが「HZ1800」「HZ1000」「HX950」「HX900」「HX850」「HX750」シリーズ、2019年モデルが「GZ2000」「GZ1800」「GZ1000」「GX855」「GX755」「GX850」「GX750」「GX500」「GR770」シリーズ。

関連記事