【ASUS】ASUS、TUF Gamingシリーズより「Aura Sync」対応の簡易液冷ユニット2種(CPUクーラー)

48

製品名:TUF Gaming LC 240 RGB

TUF Gaming LC 240 RGB

概要(価格.comより引用)

ASUS JAPANは、「TUF Gaming」シリーズより、CPUクーラーの新製品「TUF Gaming LC 240 RGB」と「TUF Gaming LC 120 RGB」を発表。8月7日より発売開始した。

いずれも「Aura Sync」対応で好みの光演出が可能なCPUクーラー。「TUF Gaming」ロゴは、Aura Sync RGBライティングで光り、色と効果はシステムにあわせてカスタマイズ可能。好みの光り方に調整できるのが特徴だ。

また、ラジエーターファンは、高い冷却効率で67CFM/3.0 mm H2O/29dB(A)を生成し、「TUFゲーミングLCシリーズ」のラジエーターに最適なパフォーマンスを提供するために調整したという。

互換性の面では、インテルとAMDのマザーボード、プラットフォームに対して広範囲に対応。 また、38cmのチューブが付属しており、取り付けや配線が簡単に行える。

このほか、「TUF Gaming Alliance」は、PCケース、電源、CPUクーラー、メモリーキットなど幅広いパーツとの互換性を確保した。

対応CPUソケットは、インテルがLGA 1200/115x/1366、AMDがSocket AM4。

「TUF Gaming LC 240 RGB」のラジエーターサイズは272(幅)×27(高さ)×122(奥行)mm、搭載ファンは120mm×2。市場想定価格は17,500円前後(税別)。

「TUF Gaming LC 120 RGB」のラジエーターサイズは150(幅)×27(高さ)×122(奥行)mm、搭載ファンは120mm×1。市場想定価格は13,500円前後(税別)。

「TUF Gaming LC 240 RGB」に関する他の記事

「Pixio PX247」をレビュー。144Hz/IPSで2万円の激安モニタは買いか!?徹底検証 : 自作とゲームと趣味の日々
metapop chocolate
自OVERCLOCK WORKS-オーバークロックワークス

関連記事