【SONY】ソニー、Gマスターシリーズの大口径標準レンズ「FE 50mm F1.2 GM」を4/23発売(レンズ)

187

製品名:「FE 50mm F1.2 GM」

「FE 50mm F1.2 GM」

概要(価格.comより引用)

ソニーは、35mmフルサイズ対応「α」Eマウントレンズとして、焦点距離50mmの大口径標準単焦点レンズ Gマスター「FE 50mm F1.2 GM SEL50F12GM」を発表。3月23日10時より予約受付を開始し、4月23日から発売する。

「プレミアムレンズシリーズのGマスターならではの高い設計基準による解像性能」と「美しくやわらかなぼけ描写」を両立し、「開放F1.2の浅い被写界深度の効果を最大限に引き出す」という、すぐれた表現力を備える小型軽量レンズとして展開する。

さらに、高推力のXD(eXtreme Dynamic)リニアモーターを搭載。静止画・動画撮影の双方に適した、高速、高精度、高追従かつ静粛なオートフォーカスが可能とのことだ。また、使い勝手にもこだわり、最新の光学・メカニカル技術により、F1.2の大口径レンズながら、機動力ある小型軽量サイズを実現した点も特徴だ。

このほか主な仕様は、レンズマウントがソニー Eマウント、対応撮像画面サイズが35mmフルサイズ。焦点距離が50mm、焦点距離イメージが75mm(撮像素子がAPS-Cサイズのレンズ交換式デジタルカメラ装着時の35mm判換算値)。画角(35mm判)が47度、レンズ構成が10群14枚、絞り羽根が11枚(円形絞り)、開放絞りがF1.2、最小絞りがF16、最短撮影距離が0.4m、最大撮影倍率が0.17倍。フィルター径が72mm。

本体サイズは87(最大径)×108(長さ)mm、重量は778g。

市場想定価格は280,000円前後。

■関連リンク

ソニー、Gマスターレンズ「FE 35mm F1.4 GM」を3月12日発売へ

「「FE 50mm F1.2 GM」」に関する他の記事

SONY FE50mmF1.2 GMがついに発表!! - ふぉとの輪
6100万画素のα7R IVに最適な交換レンズは非常に限定的【海外の評価】 | とるなら~写真道楽道中記~
カメラ雑感 LEICA Q2から妄想が膨らむ - あかりぱぱの徒然なるままに
フォトヨドバシKさん記事まとめ - An Ordinary Life
踏まれ道
使ってるEマウント系レンズ雑感 : 踏まれ道
価格.com - SONY FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G のクチコミ掲示板
【8本比較】魅惑の玉ボケ ~標準レンズ編~ – 収差Love
PHOTO YODOBASHI K氏... | Nouvelles du vent
【2016年版】初心者から中級者が買うミラーレス一眼を考える。主要モデル24機種をレンズのラインアップも含めて比較してみました。 - いつもマイナーチェンジ!
中望遠のススメ - カメラが欲しい、レンズが欲しい、あれもこれも欲しい
CAMEOTA.com 総合カメラ情報サイト
子供の運動会にSD1+50-500mmで参戦したシグマ山木社長がおもしろ過ぎる件ww 「む!?白レンズパパ発見!負けられんっ!」 | CAMEOTA.com
All Tests / Reviews
All Tests / Reviews
三星カメラ
【楽天市場】マップカメラ

関連記事