【EPSON】エプソン、ピーラー機能を搭載したカラーラベルプリンター「CW-C6520P」など(プリンタ)


製品名:CW-C6020P

CW-C6020P

概要(価格.comより引用)

エプソンは、カラーインクジェットラベルプリンター4機種を発表。最大紙幅8インチの「CW-C6520A」(オートカッターモデル)および「CW-C6520P」(ピーラーモデル)を2020年1月下旬より、最大紙幅4インチの「CW-C6020A」(オートカッターモデル)および「CW-C6020P(オートカッターモデル)」を2020年3月下旬より発売する。

いずれも、同社独自の「PrecisionCore(プレシジョンコア)TFPプリントヘッド」を搭載したモデル。小さな文字やバーコードのクリアな再現、シャープで階調性にすぐれた表現を可能にしたとのことだ。

このうち、「CW-C6520P」「CW-C6020P」は、カラーインクジェットラベルプリンターとして世界初(2019年10月24日時点。同社調べ)のピーラー機能を搭載。印刷したラベルを、台紙から剥がした状態で排出できる。また、印刷指示順に1枚ずつラベルを発行でき、貼り間違いなどのミスを軽減するとのことだ。

さらに、インターフェイスにD-Sub25ピンを装備し、パソコンやPLC(プログラマブルロジックコントローラー)など、外部制御装置からもプリンターの状態を把握できる。加えて、ピーラー機能とロボットによる、ラベル自動貼り付けの組み合わせなどの構築も可能だ。

このほか、世界標準レベルの欧州食品接触材規則「Food Contact Material regulation(EC No.1935/2004)」に適合(食材非接触面に印刷した場合のみ)する。

価格は、「CW-C6520A」「CW-C6520P」が各548,000円、「CW-C6020A」「CW-C6020P」が各448,000円(いずれも税別)。

「EPSON」に関する他の記事

なんだか玄関が騒がしいと思ったらドアで猫さんが東京フレンドパークみたいになってた「ウニャウニャ言いながら延々ジャンプ」 - Togetter
【EPSON製プリンタ】PX-049Aのインク残量の確認方法がわからなくて困った話 - 私の戦闘力は53万マイクロです

関連記事