【パナソニック】パナソニック、「大火力おどり炊き」を搭載したIH炊飯器「HX9シリーズ」など(炊飯器)


製品名:「SR-HX109」

「SR-HX109」

概要(価格.comより引用)

パナソニックは、「大火力おどり炊き」を搭載したIH炊飯器「HX9シリーズ」2機種を発表。0.5〜5.5合モデル「SR-HX109」、1合〜1升モデル「SR-HX189」をラインアップし、9月1日発売すると発表した。

いずれも、内対流と外対流をそれぞれ生み出す、2つのIHコイルを搭載したモデル。これにより泡の熱対流を発生させ、米をおどらせながら加熱する「大火力おどり炊き」機能に対応した。

内部には、全面打ち出し加工を施した「ダイヤモンド銅釜」を採用。釜の外面には、中空セラミックス入りの蓄熱コートを採用した。また、側面や底面に加えて、ふたにもIHを搭載し、全面から釜を包み込むように加熱するという。

このほか機能面では、旨み成分・アミノ酸を生成する45〜55度を保って前炊きする「旨み熟成浸水」、短時間で甘みを引き出す「甘み早炊き」コースを搭載。また、「ふつう/かため/やわらか」から炊き上がりを選べる「銀シャリ3種類炊き分け」も採用した。

米以外のメニューに対応するコースでは、高温浸漬で玄米の吸水を促進する「玄米」コース、「金芽ロウカット玄米」専用コース、「ケーキ」コースを備えた。

「SR-HX109」の主な仕様は、炊飯容量が1L(0.5〜5.5合)、炊飯時の消費電力が約1200W。本体サイズは25(幅)×20.1(高さ)×32.1(奥行)cm、重量が約4.7kg。ボディカラーはスノーホワイト。

「SR-HX189」の主な仕様は、炊飯容量が1.8L(1合〜1升)、炊飯時の消費電力が約1400W。本体サイズは27.9(幅)×23.2(高さ)×34.8(奥行)cm、重量が5.7kg。ボディカラーはスノーホワイト。

なお、「大火力おどり炊き」機能を省いたスタンダードモデル「HB9シリーズ」2機種も同時に発売予定。0.5〜5.5合モデル「SR-HB109」、1合〜1升モデル「SR-HB189」をラインアップし、ボディカラーはブラック、ホワイトの各2色を用意する。

価格はいずれもオープン。

「パナソニック」に関する他の記事

パナソニックホームベーカリーでバジルピザ&肉まん作り! - ほどほど庭の tayora koffie
濱口秀司さんに聞く「イノベーション人材の教育法」:「教える」なんておこがましい。自分を殺せる刺客を作れ | SHIFT:イノベーションの作法 | ダイヤモンド・オンライン
濱口秀司さんに聞く「イノベーション人材の教育法」:「教える」なんておこがましい。自分を殺せる刺客を作れ | SHIFT:イノベーションの作法 | ダイヤモンド・オンライン
さらに進化したパナソニックの働き方改革支援サービス - 日経 xTECH Special ビジネスモバイル最強化計画
電子レンジを持たない暮らし。 - ミニマリストの好き勝手。
写真も動画も1台でやりたいなら『パナソニックGH5』を強くオススメする。ソニーにはない強みがあるから。 - いつもマイナーチェンジ!
パナソニック、自律搬送ロボット「HOSPI」の新型を紹介、サイネージモデルも発売 | ロボスタ
欲しいものリストから何か届いたぞ・・・ - 蕎麦神社

関連記事